カート

Your cart is currently empty.

1 - 15 件(全15件)

件ごとに表示する

喜平と呼ばれる由来


喜平という名前の由来は諸説あります。南北戦争時代にアメリカの騎兵が持っていたサーベルに付いていた鎖の形状から取ったと言われています。または、喜平さんという方が初めてデザインしたと言われる説の2説がよく聞かれますが、詳しいところは謎のようです。

素材


素材は、圧倒的に金が多く使用されています。24金は柔らかい為作るのが難しいので非常に珍しいです。10金、14金などもあり価格は手ごろですが、劣化するのが早く特に錆びに弱い傾向があります。主流は金75%に他の金属を25%配合した18金になります。
また、プラチナの喜平も人気があります。Pt1000は金と同じく柔らかい為作るのが難しいので非常に珍しいです。主流は純度85%のPt850になります。

当店では、製造が難しい純金・純プラチナ喜平を豊富に取り扱っています。ぜひ一度お手に取ってみてください。

資産価値として


喜平チェーンの大きな特徴としては資産価値が高い点です。
金やプラチナでジュエリーを作った場合、デザイン・宝石・加工などコストが増大していきます。
しかし喜平チェーンはコストが極めて少額であり、金やプラチナ本来の資産価値にかなり近いアクセサリーとなっています。
その為、販売価格も安く購入価格と売却価格の差が少ない商品になります。身に着ける資産として、確立されています。

Translation missing: en.general.search.loading